お墓が足りない

お墓が足りない

過疎地になった田舎を引き上げると
お墓がのこります。

引き上げたくらいですから、お墓を参る人もいません。
無縁仏にしてはいけないと、住居を移す時にお墓も持ってこようと
思います。

東京都などの都会は今も、人口の流入は増えているそうですから
お墓もその数が足りなくなってしまいます。

そこでお墓の公募です。
都立の、お墓の公募例ですが、
住んでいる地域のお墓 公募 地名で検索するとわかります。
posted by jin at 13:18 | お葬式のマナー

葬儀の宗教色

最近の葬儀の宗教色

キリスト教が熱心なアメリカなどの映画を見ていると
まだまだ、牧師さんが、熱心にお祈りをしているシーンを
見ますが、宗教が多数入り乱れている日本では
宗教色はますます薄くなってきているようです。

焼香による儀式も献花などによるものより
廉価であるという理由を聞きます。

それでも数珠は用意したほうがよい、と思います。
posted by jin at 10:25 | 香典

お葬式の作法

最近の葬儀をみると
ますます宗教から離れ 難しい作法もなくなってきています。
しかし みんな黒い装束をまとい 数珠や クルスをもち
祭壇 に集う習慣は変わりません。

最低限のマナーを守ることで
参列者にも遺族の方々にも不快な思いをさせることもありません。
posted by jin at 08:02 | 香典

塩分と食事

今月は人口の3−5%いるといわれている、ウツの人と食事と散歩のお話です。 トリプトファンとビタミンB6とを同時にとると、脳内に減少しているセロトニンが増 えるといわれています(もともとうつ病とは何らかの原因で脳内のセロトニンが不足し て起こるもので、抗うつ剤はセロトニンを増やすお薬です)。その成分が 多く含まれて いるかつお・まぐろ。はまちなどの海産物 肉類 酪農品を多くとる事 とともに お 米・麺類などのデンプン類を減らすと効果が上がるようです。 またお散歩がかなりの効果があり一日に30分程度の散歩が推奨されています。 このお散歩ですが。先日ラジオでプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが、お話されていま した足首のおもりアンクルウエイト 早速ネットで調べて注文して始めてみました。歩 きながら自然に足腰の筋肉の増強になると評判のものです。片足500g 1キロ 1.5キロ 2キロなどがあり1セット1500円前後で売られています。ご興味があ りましたら調べてみてください。三浦さんいわくひざ痛などもなくなったそうです。 歩くことジョギングなどの方法については諸説(かかとから着地 いいえ全ての動物 はつま先から着地)などと色々ありますが、なるべく大きな歩幅で姿勢良く、蟹股にな らないよう一本の線を両方の親指で踏んでいくように歩くと良いそうです。お散歩の ルートも時間の無いときのルート 余裕のあるときルート 坂道が混じったルートなど 色々にコーディネートすると面白く、自分の10分間のルートが何キロにあたり何歩で 行くかなどと調べてみるのもお散歩を続けるこつです。あくまで自発的にやるのが良く 一人でこつこつとニヤニヤと、はじめてみてください。体が健康になると心も健康にな るといいます。今月も楽しくお過ごしください。
posted by jin at 15:53 | 香典

香典の額

お葬式に参列する時に困るのが
お香典の額です。

多すぎても困りますし、少な過ぎても恥ずかしいですね

町内会や社葬などでは幹事さんがいますから
まず、お伺いを立ててみましょう
posted by jin at 08:25 | 香典

お葬式の装飾品 トーク帽

このごろベール付のトーク帽を葬儀に
使われているのを見かけます。

屋外や反屋外の式場では違和感が無いのですが
屋内の仏式の葬儀場ではいささか場違いな気がいたします。

葬儀がキリスト教式でないときは
控えた方が、良いような気がします。

相手先に合わせた服装がマナーと言うものです。
posted by jin at 09:35 | お葬式のマナー

葬儀と宗教色

葬儀を行うときに宗教色をなくす人が増えています。
これは戒名などの仏教のお布施などに対する不信から来ています。

葬式仏教などといわれた仏教会の堕落をに
信者 非信者ともにNOを突きつけた姿です。

キリスト教から始まった献花式や、祭壇で合掌するだけの
音楽葬などが今の流行のようです。

故人らしいお葬式を考えると、ますます仏教葬からは
離れていくような気もします。
posted by jin at 10:13 | 香典

有名人の葬儀

有名人の葬儀が営まれるとき
最初は密葬で身内だけで行い、後で告別式などを大々的に告知して
行う場合があります。

この場合 宗教色を排して献花式を行う場合が多く
花で飾られた花祭壇などもこのような需要から始まりました。

仏教や神式 キリスト教式の葬儀ではない
誰でも参加しやすい葬儀は、この有名人の葬儀などから始まりました。
posted by jin at 08:27 | 香典

おくりびとと業界

おくりびとの映画がヒットして
地味な裏方さんの仕事に光が当たったことはよいことですが
困ったこともちらほら聞きます。

例えばお坊さんの読経、これは手を合わせ
目をつぶってお送りするのが本当ですが
映画を見るように一部始終を見ようとする方がいます。

故人を送る儀式がお葬式ですから
葬儀の関係者、業者さんなどは目だたないのが本当はよいのです。

posted by jin at 09:27 | お葬式のマナー

おくりびと と 納棺夫日記

映画 おくりびと がアカデミー外国映画部門賞を受賞しました。
おめでとうございます。

私の拝見した地方の公民館では、聴覚障害の方のことも考えて字幕入りの上映でしたが、上映30分前から100人以上の人が並び大盛況でした。

・・・・・・・・・・・・・・・ニュースより
送られてきたシナリオを見るとね、親を思ったり、家族を思ったり、人間の死の尊厳について描かれているのは、伝わってきて、すばらしいんです。ただ、最後がヒューマニズム、人間中心主義で終わっている。私が強調した宗教とか永遠が描かれていない。着地点が違うから、では原作という文字をタイトルからはずしてくれって、身を引いたんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

納棺夫日記の原作者の青木さんは以上のように述べられて原作者としての立場に線引きされました。このエピソードも映画を引き立てているようです。
posted by jin at 08:08 | お葬式のマナー