Top お葬式のマナー ;>法事のマナー49日法要

法事のマナー49日法要

四十九日法要とは、ご逝去の日を1日目と数えて49日目に営む法要のことを言います。

通常、四十九日までの間は忌中となり、四十九日法要をもって「忌」の汚れが取り除かれたことを祝って忌明けとします。
よって七七日忌法要はとりわけ重要な法事と言えます。

法事に招かれたときの香典袋は

水引は「黒白」または「黄白」、結び切りかあわび結び。
表書は、仏式では「御仏前」「御香典」、
花やお菓子は「御供」、
その他は「御霊前」、キリスト教は「御花料」。
と書きます。

posted by jin at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | お葬式のマナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

香典 書き方 返し 相場 金額 香典 マナー
Excerpt: こんにちは。香典 書き方 返し 相場 金額 香典 マナーについて触れていますよ。
Weblog: 香典 書き方 返し 相場 金額 香典 マナー
Tracked: 2007-03-13 19:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。