法事法事 葬儀の連絡を受けたら

急な葬儀の連絡を受けたとき(会社編)

会社の場合
大きな会社では総務、小さな会社では代表の方が
連絡いたします。
会社関係は、お通夜に参列するのが今は通例に
なっていますから、
急な連絡を受けたときは、平服に黒ネクタイ
前日に受けたときは、
やはり黒のスーツ、黒のネクタイ、ワイシャツで
ご焼香に向かうのが良いと思います。
posted by jin at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

法事・葬儀のときあわてない方法

葬儀
生前葬(せいぜんそう)とは、本人が元気で存命しているうちに、
自らが自分の葬儀をおこなうことである


しかし、本人が本当に亡くなった後も、
遺族により再び葬儀がおこなわれることもままある。

日本では交際範囲の広い知識人が、
自らの社会的活動の終止を告知する引退式としての
色合いとしてとりおこなうことが多い。

posted by jin at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

お香典の話

お香典の額って心配したことありませんか

香典の金額は、故人・遺族との付き合いの深さ、
自己の地位・年齢、地域などによって違います。
故人が、父母ならば5万円から10万円、
兄弟姉妹ならば3万円から5万円、
それ以外の親族ならば1万円から3万円、
勤務先関係・友人・隣近所ならば5000円から1万円
などが目安です。
大きな会社の香典は、会社名では、5000円が一般的のようです。

地域なら、まとめ役とか
会社なら総務などに事前に相談しておくと良いでしょう

出すぎず、目立たず
これが大事です。
posted by jin at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

葬儀のとき

葬儀のとき

喪主・男性
正喪服を着用します
一般にはモーニングコートを着用します。ワイシャツは白、
ネクタイは黒の無地。タイピンはつけません。
靴は黒でフォーマルなもの金色に光るものがついているものは避ける。
靴下は黒、ズボンは細いストライプの縞のもの
カフスボタンは黒い石か目立たないもの。
モーニングを用意できない場合は、モーニングを着用しない
で黒のスーツを礼装として着用することも通用します

女性
正喪服を着ます。
 一般的には和装の黒喪服が正式ですが洋装のフォーマルでも良いです。


男性のモーニングコート、黒スーツ着用の場合、
女性の洋装は黒のアンサンブルやワンピース
(すそ丈はやや長めのもの)でつやのある素材は避けます。
靴は低めのパンプス。ストッキングは黒が基本です。
アクセサリーはつけないのが基本です


親族の立場
    
男性
黒スーツが一般的です。ワイシャツは白無地、
ネクタイは黒、靴下、靴も黒。カフスボタンは光るものは避ける

喪主に準ずる礼装を着用する。

女性
アンサンブル、ワンピース、ツーピースのいずれでもよいです
が、光沢のあるものは避けます。ブラウスを組み合わせる場合
はやはり光沢の無いものを選びます。

子供・学生
通夜、葬儀とも中高生は制服を着用。
制服が無い場合は紺、黒などの服装にする。
靴下、白でも黒でも良い。小学生は地味な(黒・紺・グレーなど)
の外出着を着る。



posted by jin at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

葬儀・法事 お通夜の参列

弔問客の立場       


通夜は「取り急ぎ駆けつける」という慣わしがありました。
しかし、昨今はその慣わしが少なくなっています。

殆どが黒のスーツに黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴、白のシャツ、
黒のバックです。会社関係の方は告別式ではなく、通夜に参列する傾
向が一層多くなり、黒のスーツに黒ネクタイが殆どです。
通夜に参列する方が多くなっています。


一般には準喪服か略喪服で、近所の付き合いの方は地味な服装 
喪服を着ない場合もあります。
但し、靴、ハンドバック、アクセサリー
は極力ひかえ、真珠程度にされるのが良いでしょう。




posted by jin at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

法事・葬儀の服装(お通夜)

世話役代表、葬儀委員長、
葬儀を進行する担当の方も喪服着用が基本です
  

親族

最近はブラックスーツが殆どになりました。
グレー、濃紺、で地味な色調のもので、ネクタイは黒の略式の
服装でも良いのです。

学生などでスーツを持っていない場合は上着だけでも紺や
グレーの地味な色調のものを着用しましょう。
ズボンもスポーティなものは避けます。
靴下は白か黒、紺で無地なもの



通夜の弔問客を接待したり、手伝う事もあるかと思われます
動きやすい服装でよいですが黒・紺などを着用しましょう



    
posted by jin at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー

法事のこと、葬儀のこと

法事のこと、葬儀のこと
いざとなると、困ってしまう礼儀作法
参列するとき、自分で執り行うとき

たくさんの事例でお送りいたします。
まずは、服装編、
男性の服装
洋装
        

        ダークスーツに黒ネクタイ、黒靴、黒靴下、白のワイシャ
        ツ。
        学生さんは学校の制服。制服が無い場合は黒っぽい服装で        よいです。
        喪主は喪主とわかるようにリボンをつけます。
                   (通常葬儀社が準備します。)


 〔洋装〕
        黒または、地味な色調の動きやすいデザインの
        ワンピースかツーピースが便利。
        ストッキングも黒です。

     


 
posted by jin at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | お葬式のマナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。